10期 岡田OB会理事長のお話

学連艇の不思議なルール。

スナイプ級はマストやブームを自由に選択できます。
ボートビルダーも多数あり、組み合わせも自由です。
そうなるとレースに勝つには、超軽量新艇を揃えてレースに出すことが近道となる為、インカレに出るには『7年ルール』なる特殊ルールが存在します。 
レースに出る3艇の製造からの年数が7年を超えないと出れないという7年縛りです。
これをクリアーするため強豪校は新艇を2年以上艇庫に保存し、新艇のままレースに出すという荒業を行っています。 
軽量艇は当然耐用年数が落ちますので(樹脂量が少ない)毎年新艇を購入し続けています。 
このルールを維持するため、ボートビルダー毎に艇体ナンバーと製造年月日を公表しています。

一方、470級では『一造船ルール』が存在します。
スピンポールを除く艇体とスパーは同一造船場で制作したものを学連艇としていますので、ヤマハの艇にはヤマハ製のマストが使われていることになっています。
実際にはヤマハはマストやブームを作成していませんので、マストメーカーを伏せて販売しています。 
ピアソンでもスーパースパー社製マストを搭載していますが、本来マストやブームに付いているステッカーをはがして、ピアソンジャパンのステッカーに張り替えて納艇しています。
獨協でもマストを購入したいのですがヤマハの艇に搭載するためヤマハのマストを購入しないといけません。
しかしながら西宮まで取りに行くか、運送料85000円を支払わないといけないのです。 
強豪校と違って古い艇を使っている弱小校は苦労しています。

このルールは変更してもらいたいものです。

470新艇が納艇されました!

2018年10月20日(土) 早朝6時。
金沢八景のマリーナへ、獨協大学体育会ヨット部470新艇の納艇がありました。
セールナンバーは J-4698 です。
OB会から10期横瀬さん、岡田さん、監督の七戸さんが立会いしていただけました。
クラスルールのミニマム重量より、500グラム軽く出来上がっているとの事で、マストゲートの裏から重りを搭載して計測をクリアしています。
持参したメジャーで確認したところ、ステムヘッドからサイドステーブラケットまで左右ドンピシャでできており大変満足致しました。
スーパースパーのマストはかなり軽量で、現役も感激しておりました。
ノースセールのチューニングガイドでは、マッカイのデータを使用するようアドバイス頂きましたが、スプレッダーのディフレクションで希望の数値が出ず、悩んだ挙句、ノースセールの白石さんに相談することでまとまりました。

470新艇購入のための販売会社訪問

日時:2018年6月25日 13:20~14:20
販売会社名: HiK OFFICE 千葉県松戸市小金原
面会者:代表取締役 井嶋浩文(日大ヨット部出身)
       担当者 中村睦宏(日大ヨット部出身)

★ピアソン470の販売会社 見学の報告。

2017年度、ヨット部OB会費のお支払いありがとうございました。
ほぼ10年ぶりにヨット部の新艇、470学連艇の発注をします。

展示艇の見学と見積りのため HiK OFFICE 千葉県松戸市小金原
訪問してまいりましたので、以下、報告いたします。

展示艇の写真、デッキが白はスタンダード、デッキがブルーはフル艤装。
艇の艤装の違いはそのまま艇重量に関係します。
つまり、スタンダードの艤装で発注した場合、最低重量をクリアーする為にハルの重量を重く作ります。
購入後に艤装を変更した場合、その重量増加がデメリットになり、ピアソン艇は最低重量マイナス2kgで作り、2kgの重りをマストステップに付けて納艇されます。
発注時に搭載備品の重量を計算してFRP加工する為、後から艤装を変更する場合、軽くなると計測オーバーでレースに出れなくなります。
重りの調整はクラスルールで2kgリミットと決まってるので、最初の発注時にフル艤装艇にする必要ありです。
これで200万円になります。
セール代を入れるとクラクラしそうです。
こうなったらイケイケで発注します。
皆さん、OB会費よろしくです。お願いします。

★ピアソン艇の追記

470級の市場では世界で4ヵ国しかボートメーカーがなく、私の憧れだった、ジャンモラン、バンガード、パーカーといった外国のメーカーはすでに撤退しており、事実上1国1造船のルールはなくなっています。 
従って、ピアソンも国際規格の承認を得て日本国内での製造を開始しました。

特徴としては、マストにスーパースパーを採用したことです。
ヤマハのマストに比べて非常に軽いのが特徴です。
このため搭載重量が軽い分、艇の重さは重くなっているようです。
これによりクラスルール上のリミットまで大きな艇体になっており、これはステム周辺のボリュームが増えたことで目で見て分かりました。
ヤマハ艇がとんがっているのに対して、ふっくらしています。
うねりの大きな江の島海域では、ヤマハ艇がバウでうねりを切り裂くのに対して、うねりを乗り越えていくイメージで、クローズホールドが早いようです。

それでは、ヤマハの艇にスーパースパーをつけたらどうなるかというと、重量が最低重量を下回ってしまい、クラスルール違反になってしまう為、搭載できないのです。
そのことは、ピアソンも認識しており、マストには艇体ナンバーが刻印されていて他のメーカーのボートに搭載できないようにしています。
つまりピアソンはスーパースパーの重量に合わせて艇を作ってるのです。
しかしながらマストが軽いということは、メリットばかりではなくマストのベンド量が多くなりリーチングで3枚張りの時は、フォアプラーを利かせるなど、新たな走り方を身に着けないといけなくなります。
簡単に言うとフリーの走り方が難しくなったのです。 
現役のレースレポートでは、勝木君はフリーで遅いということですが、実は2番艇はマストを変えています。
もしかしたらサイドベンドが大きいのかもしれません。
以前練習風景の写真を見たとき、メインセールのツイストが大きいことに気が付きましたが、フリーでは逆ベンドしている可能性があります。

ピアソンでは、トップセーラーの助言で艤装の変更を試行錯誤しながら補強材の厚さや位置を決めているようで、逆に言えば動かしようがないのです。 
今回新艇の購入をピアソンにしようと思いますが、走り方では新たなチャレンジが必要かもしれません。

江ノ島ヨットハーバーの利用について

神奈川県スポーツ局から江ノ島ヨットハーバーの利用について下記の連絡がありましたので掲載します。

2018年セーリングワールドカップシリーズ江ノ島大会(オリンピックテストイベント)における艇の移動等のご協力のお願い

8月には江の島から移動しないとなりません。
代替え地として奥の駐車場を用意するとの内容ですが、実際にはハーバー内の艇置き場所と異なり、艇の固定ができないため、非常に危険です。
早い時期に八景島に移動する必要が有りそうです。

 

ヨット部OB総会(2018年6月9日)のご案内

獨協大学体育会ヨット部OB各位

日増しに暑さが増してまいりましたが、OBの皆さま如何お過ごしでしょうか。

2017年度、現役は6年ぶりの秋インカレ出場、部員増加により活性化と春の予選出場と、近年では一番の活動を行っています。
ヨット部の近況につきましては、facebook に投稿しております。
既に50名以上のOBが参加しており、タイムリーな情報を公開しております。
非公開のグループですのでヨット部OBと現役しか見れないようになっています。
facebookのアカウントをお持ちの方は、参加申請していただければ、参加可能に致します。

さて、2018年6月9日(土) 14:00~16:00、例年通り
ヨット部OB総会を実施いたしたく、ご案内いたします。
場所は、獨協大学の会議室を予定しております。

議決内容といたしましては以下となっております。

  1. 2017年度の決算報告、
    2018年度の予算説明と承認、現役の収支報告があります。

    2018年度予算の特徴は、長年悩まされていた借入金を完済いたしましたので、その分を新艇購入の積立金に充てることです。
    470は既に10年以上の船年齢となっていることや、新入部員の増加に伴い、保有艇数2艇ではどうにも心もとなくなってきております。
    大学の学友会に新艇購入費用として100万円の予算付けをお願いする予定です。

  2. OB会会則の改定を行いたく、議決案に上程致します。

    OB会会則改定は、平成2年度に行って以来四半世紀以上行っておらず、現状との乖離が大きくなっています。
    特に部員数減少から、追い出しコンパは実施されておりません。
    又、規定では、会費を2年以上滞納したものは除名となっておりますが、近年では、海外勤務や永住者も多くなっているため、連絡が取れない方の連絡先調査が追いつかず、滞納金も多くなっております。

    OB会費につきましては、連絡が取れても会費請求に応じない方もおります。
    その場合、OB会費未払いのOBには、会則に沿った休会、退会、除名を実施したいと考えております。
    滞納金額が30万円を超えるOBもおり、払う意思がないOBへの無駄な経費は使わない、ヨット部行事の案内も中止、ホームページやfacebookの閲覧も制限を掛けたいと考えております。

2017年度(2017年6月~2018年5月)のOB会費10,000円未納の方は、2018年6月9日の総会まで受付いたします。

  三井住友銀行 銀座支店 普通7304131
  獨協大学体育会ヨット部事務局  

までお願いいたします。

又、メール配信をお望みの方、ご意見ご希望がある場合は、以下までお願いします。 
  jimukyoku@dokkyo-yacht.com
  (スパム対策のため全角文字になっています)

総会は、後日OB各位へ郵送する本状をもって案内とし、返信がない場合は、承認とさせていただきます。
返信は、後日郵送書面に同封のハガキ、事務局へのメールでも受付いたします。

以上です。