2017年度OB会費予算の使い道について

通信費 5,000円 OBへの連絡通信費
慶弔費 20,000円 OB本人の葬祭
現役援助金 100,000円 オーニング代他
コーチ料 100,000円 監督へのコーチ料、例年より10万減額
会議費 10,000円 理事会等の会議室費用など
行事援助金 30,000円 海とヨットに親しむ会など
自動引落し手数料 20,000円  
事務用品費 10,000円 コピー代など
保険料 100,000円 レスキュー艇損害保険
振込手数料 2,000円  
他校交流費 10,000円 レース参加代補助など
借入金返済 100,000円 【注1】参照 10期横瀬様より総借入金額 850,000円
予備費 400,000円 【注2】参照
2017年度 予算計 907,000円

【注1】借入金返済
OB個人から借りてるお金が総額85万円あります。
これは過去30数年、470新艇購入、セール購入、船台購入などの現役援助において、一部のOB会員からのOB会費入金が無いため資金不足となり、OB数名からお借りしたお金を一昨年10期の横瀬さんが肩代わりして各OBへ返金していただけたものです。
85万円の立替をしていただいている10期・横瀬さんへ早急にお返ししたいと考えております。

OBの皆様、現役時代にOB会が知らず知らずのうちに私達を援助していただけていたこと、知らないかもしれませんがそれが事実です。
OB会は私たち14期~49期が現役のときに間違いなく助けてくれています。
忘れないで下さい。

【注2】予備費
練習拠点移転費用、新合宿所入居費用、セール代などの現役援助費用、
15期平川さんの越谷の土地に10年以上前から置きっぱなしになっている470、スナイプの廃棄費用、
不確定費用、上記【注1】横瀬さんからお借りしている85万円の返済に充当します。

*OB会員からOB会費(1年ひとり10,000円)の入金が507,000円を超えた場合のみ、予備費として計上できます(予算計907,000円―予備費400,000円)。

現在のOB、160数名が、今年1年だけでもいい、全員が会費1万をお支払いいただければ1年で解決します。
OB会費を安定的に集金する為に、『自動引き落とし』を推奨しております。
借入金の返済をスムーズに行うため、未収金回収にご協力ください。