15 期平川さん所有の土地(越谷)放置の艇について

OBの皆様へご連絡いたします。

◆OBの皆様への問合せ内容 (2017年7月18日付 配信)

現在、15期の平川さん所有の土地(越谷)にスナイプと470数艇を置かせて頂いて10年以上が経過しほぼ放置状態になっています。
平川さんも土地の利用ができず、困っています。
①どなたの代(何期)に運び込んだのでしょうか?
②艇体ナンバーは何ですか?
運び込んだ記憶のある方コメントをお待ちしています。
運び込んだ経緯についも分かればお願いします。

●OBから回答いただきました (2017年7月20日付)

36期 上原康弘さん、35期 宮内慎介さんよりお返事いただきました。
下記、宮内さんからのメールを掲載いたします。
(宮内さんには掲載の了解をいただいております)

★下記、35期 宮内さんからのメール

OB会御中
お疲れ様です。35期の宮内です。

私が在学中に越谷の平川さん(15期)の土地をお借りしました。
当時、芦名から撤退、江ノ島移転のため、古い船を芦名を置いておくわけにはいかず、越谷に運びました。

また、和船(船名:バナナ)も運搬しました。

昔は、ゾディアック+和船の両方をインカレに使用しておりましたが和船の使用頻度が少なく、インカレ時のみ都度、葉山ー越谷往復をし、和船を運搬していました。

その後、下記理由で陸置きが続いているのだと思います。

①運搬したスナイプや470はいつか部員増の時に使用するかもしれない。
②大学での勧誘用の展示に毎春使用するかもしれない。
③廃棄にはお金がかかるから、とりあえず置いておこう。

艇体番号ですが、当時はおそらくですが、下記5艇(+470があと、1艇ぐらいあったような記憶があります。)だと思います。

スナイプ 26242
スナイプ 27327
470 3266
470 3473
和船

その後、出し入れがあれば、状況変わっているかもしれません。

35期 宮内

◆OB会事務局より

上記のお返事をいただき、越谷に陸置されているスナイプと470を確認に行きました。
現況は別途、報告いたします。

以上です。

ヨット部OBの皆さまに質問

ヨット部OBの皆さまに質問です。
わかる方は、事務局(jimukyoku@dokkyo-yacht.com)まで連絡を下さい。
現在、15期の平川さん所有の土地(越谷)に
スナイプと470数艇を置かせて頂いて10年以上が経過し
ほぼ放置状態になっています。…
平川さんも土地の利用ができず、困っています。
①どなたの代(何期)に運び込んだのでしょうか?
②艇体ナンバーは何ですか?
運び込んだ記憶のある方コメントをお待ちしています。
運び込んだ経緯についも分かればお願いします。
個人を追求する目的では有りません。廃棄するにしても
自分たちの艇の思い出は、有りますよね。

14730595980281473059602554147305960842914730596134281473059625292

2017年度OB会費お支払いのお願い

OB会長 恵柳(17期)より、2017年度OB会費お支払いのお願い

◆2017年度OB会費 10,000円
*2017年度とは2017年6月~2018年5月の1年間です。

◆振込先
三井住友銀行 銀座支店
普通口座 7304131
獨協大学体育会ヨット部OB会事務局

◆8月18日までにお振込お願いいたします。
8月18日以降、OB会費入金状況をホームページにてお知らせいたします。

◆OB会費自動引落しの皆様は、8月21日~8月31日の期間に引落しをさせていただきます。
振替口座のご確認をお願いいたします。

◆OB会理事長 岡田隆史(10期)より、OBの皆様へ。
平素より獨協大学ヨット部の活動にご理解とご協力を頂き誠に有難うございます。
ヨット部の近況といたしまして、本年は7名の新入部員を迎え、久々に活気ある部活動となっております。
現役は毎週末頑張って江の島ヨットハーバーに通っております。
一部のOBの方には、練習に参加いただき、上級生の人数不足をカバーするなど盛り立てて頂いております。
大学のバックアップは、レスキュー等の安全に関しては予算付されるものの、文科省の私学助成金削減の影響もあり充分とは言えず、ヨット部の活動にはOB会のサポートが不可欠な状況は変わっておりません。
外的要因としては、江の島でのオリンピック開催が決定し、長期にわたりバースの明け渡しが求められており、新たな練習環境確保も課題となっています。
7名の新入部員は、獨協大学ヨット部の明るい未来であり、現役とOB会は協調してインカレ復帰を目指します。
今年度は横瀬OB会長の退任の意向もあり、新会長選任の中、多額の借入金の返済も必要です。
一方でOB会費の多額未収金があり、この集金と返済が最大の課題となっております。
OB会費は年額1万円ですが、累計では多額の未収金となっておりますので、一括の入金でなくても結構です。
自分が学生時代に多くの支援や応援により、ヨットに打ち込めた事を思い出していただき、お支払いをお願いいたします。

振込は、以下の口座にお願いします。
尚、未収金の自動引落は致しません。

三井住友銀行 銀座支店
普通口座 7304131
獨協大学体育会ヨット部OB会事務局

(OB会では、振込手数料の負担がない引き落としを勧めております)

「江ノ島から若洲へ」のアンケート結果

若洲への移転についてアンケートをお願いしていましたが、2017年7月1日時点での集計結果をお知らせします。

集計結果
回答総数 22名
◯ 移転に賛成 19名
△ どちらとも言えない 1名
✕ 移転に反対 2名

 

賛成のご意見
31期 現役の経済的、時間的負担が少ない事がメリットだと思います。
35期 若洲への移転賛成です。
取り急ぎ連絡いたします。
6期 賛成です、江ノ島にはいつでも戻れます。
おっしゃる通り何か改革が必要に思われます。
10期 若洲への移転も仕方ないかと思います。
現在の江の島のバースはどうされますか?
28期 若州への移転に賛成です。
現役の交通費負担は大変だと思いますので。
18期 若洲移転案に賛成です。
経済的、時間的な負担が減ることにより、練習時間を増やせるのが大きなメリットだと思います。
15期 コメントなし
12期 コメントなし
24期 私の現役時代は、江ノ島ではなく森戸で合宿をしていました。
学生時代の思い出の地という意味では、江ノ島に特別なこだわりはありません。
上位を目指すことは大切なことです。
そのためには、部員が多い方が良いと思います。
24期も2名という寂しい時代でした。
25期以降部員が増え、ある程度の成績が取れるようになったと感じています。
現役の負担軽減を優先し、部員の確保と練習時間の確保に力を注いでください。
8期 コメントなし
13期 海の上でたくさん練習できる環境が上達の道です。
頑張って下さいね。
32期 コメントなし
17期 コメントなし
43期 現役時代、江ノ島は遠く移動費用がかかることを多くの新入生が懸念しておりました。
また、それが原因で退部する部員も居ました。
若洲の環境は未知ですが、少しでも草加から近いこと、また東京在住の部員からのアクセスが良い若洲への移転は賛成です。
以上、宜しくお願いします。
23期 コメントなし
8期 OB会報いつも楽しみに読まして頂いています。
移転の件ですが、我々の時代は森戸で江の島は高嶺の花でした。
江の島は保守本領の聖地です。
今まで練習出来た事を感謝して、現役の人数、発生する費用、OBの支援等を鑑みれば移転した方が全ての面でメリットが出て来るとおもいますので移転賛成です。
ちなみにインカレ・個選等は江の島沖であればどの様に参加するか教えてください。
10期 神奈川県逗子でマリンショップブルーフリートを自営をして27年目になります。
ヨット部も50周年を過ぎ、時代の流れを感じます。
現役の意見を尊重して決めれ良いと思います。
先輩への気遣い・クラブの在り方も大切にしてください。(同好会でないので)
60年70年後も誇れるヨット部OB・OGでありたいと思います。
6期 江の島は東京オリンピックの開催に伴い、撤退しなければならないのであれば、当然、若洲ヨット訓練所に移転すべきです。
また、新しい練習環境を整備するために何をすればよいのか早めに検討をすべきかと思います。

 

どちらとも言えないというご意見
17期 簡単には賛成/反対言えません。
日頃、学生との接触がありませんので、本当の事情が理解出来ていませんので、OB会幹部、コーチ、江ノ島で活動したOBの意見をまとめた方針を支持します。
肌感覚アンケートという事で、以下にコメントします。
  1. 江ノ島には多くの大学が毎週のように練習していて、大変刺激になるし、ヨット以外の楽しさもある、オリンピックも控えてるので江ノ島に残って頑張ってもらいたい。
  2. 出来れば数台だけでも残せれば良いと思います。新入生勧誘の時に使うとか。湘南の海にあこがれる子が多いか?
  3. 今は長い期間の合宿は出来ないのですよね。通いだけならお金かかりますよ。若洲に移動していっぱい練習が出来て、本当にOBもたくさん来てくれるなら、是非若洲に移って頑張って欲しい。

無責任で済みません。次の集まりには参加します。

 

反対のご意見
12期 江ノ島で活動していることが部員不足の原因でしょうか?
上位を目指してこそ魅力あるヨット部なのではないでじょうか。
近年のOBに会費滞納者が目立ちます。
これは現役負担を支援するおおきな財源不足と考えます。
今後の運営も大変ですが、こういう方達は苦しんでいる現役をみてなんとも思わないのですかね。
それとも自分達は苦しくもなく無難に現役終了してしまえば、後輩を思うことなくそれでいいのですかね。
他にも理由はあると思いますがもっと支援費を増額したらどうですか。
但し現役からの要請があっての話ですけどね。
時間はやる気さえあればつくれます。
現状も知らず勝手なことを書きました。
?期 他校との交流がなくなる。

今年度のOB会役員について

下記の通り、今年度のOB会役員の陣容が決まりましたのでご連絡します。

会長 17期 恵柳博信
副会長 28期 三浦隆博
理事長 10期 岡田隆史
会計 44期 高橋萌子
会計監査 6期 高尾正樹
学連 35期 宮内慎介
監督 43期 七戸猛洋
広報 18期 小串正浩(ウェブサイト管理)
相談役 10期 横瀬力(前OB会長)
部長 現役 斎藤伸行
連絡 現役 瀧川海凪(OBと現役のつなぎ役)

よろしくお願いいたします。

2017年度OB会費予算の使い道について

通信費 5,000円 OBへの連絡通信費
慶弔費 20,000円 OB本人の葬祭
現役援助金 100,000円 オーニング代他
コーチ料 100,000円 監督へのコーチ料、例年より10万減額
会議費 10,000円 理事会等の会議室費用など
行事援助金 30,000円 海とヨットに親しむ会など
自動引落し手数料 20,000円  
事務用品費 10,000円 コピー代など
保険料 100,000円 レスキュー艇損害保険
振込手数料 2,000円  
他校交流費 10,000円 レース参加代補助など
借入金返済 100,000円 【注1】参照 10期横瀬様より総借入金額 850,000円
予備費 400,000円 【注2】参照
2017年度 予算計 907,000円

【注1】借入金返済
OB個人から借りてるお金が総額85万円あります。
これは過去30数年、470新艇購入、セール購入、船台購入などの現役援助において、一部のOB会員からのOB会費入金が無いため資金不足となり、OB数名からお借りしたお金を一昨年10期の横瀬さんが肩代わりして各OBへ返金していただけたものです。
85万円の立替をしていただいている10期・横瀬さんへ早急にお返ししたいと考えております。

OBの皆様、現役時代にOB会が知らず知らずのうちに私達を援助していただけていたこと、知らないかもしれませんがそれが事実です。
OB会は私たち14期~49期が現役のときに間違いなく助けてくれています。
忘れないで下さい。

【注2】予備費
練習拠点移転費用、新合宿所入居費用、セール代などの現役援助費用、
15期平川さんの越谷の土地に10年以上前から置きっぱなしになっている470、スナイプの廃棄費用、
不確定費用、上記【注1】横瀬さんからお借りしている85万円の返済に充当します。

*OB会員からOB会費(1年ひとり10,000円)の入金が507,000円を超えた場合のみ、予備費として計上できます(予算計907,000円―予備費400,000円)。

現在のOB、160数名が、今年1年だけでもいい、全員が会費1万をお支払いいただければ1年で解決します。
OB会費を安定的に集金する為に、『自動引き落とし』を推奨しております。
借入金の返済をスムーズに行うため、未収金回収にご協力ください。

保護中: 2017年6月 OB総会の報告

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

OB総会開催のお知らせ

獨協大学 体育会ヨット部OB会総会を開催いたします。
開催日時 : 2017年6月17日(土) 15:00 ~ 17:00
開催場所 : 獨協大学 学生センター (正門入って左側のガラス張りの建物)
(当日15時に学生センター1階にご集合下さい)

■決議事項
2016年収支決算報告
OB会費の使い方

■総会終了後(午後6時から) 新入部員歓迎会を開催いたします。
会費 =(OBと現役9名の食事飲物代の合計額)÷ OB参加人数

★新入部員 7名(女2名、男5名)入りました! 現在、部員9名です。

■出欠のお返事を、下記( )に○印を付け 「jimukyoku@dokkyo-yacht.com」までお願いいたします。

=========================================================

お名前:  期
(  ) 出席
(  ) 欠席
欠席の場合は、下記委任の記入をお願い申し上げます。

総会に関する一切の権限を、『第 期    氏』を代理人と定め権限を委任いたします。
(委任する方はOB会長でも結構です)

=========================================================

■6月16日(金) 17時までに出欠のお返事をお願いいたします。
お返事のない場合は、OB会長(10期横瀬さん)に委任されたものとさせていただきます。

保護中: 2017年6月 理事会報告

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

OB会理事会(2月25日)の報告

ヨット部OB会理事会(2月25日)の報告です。

●葉山の合宿所
  1981年(昭和56年)10月(16期の代)から2017年まで、
  36年間お世話になった葉山の合宿所につきまして、
  今月、2017年3月末に解約することとなりました。
  良い思い出、嫌な思い出のいっぱいつまった合宿所。
  時間のある方は、今月3月中に行ってみて下さい。
  あの日に戻れます・・・・。

  きれいに片付いています。10期の横瀬さん、岡田さん、
  七戸監督、現役の斉藤君が、のべ7日間くらいかけて
  掃除をしていただけました。

●4月以降の予定
  ★新入部員勧誘のためのヨット試乗会 
    1回目 4月 9日(日) 江の島にて
    2回目 4月16日(日) 江の島にて

    いずれも、10期 横瀬さんの乗るクルーザーと、
    レスキュー艇のトルネード、470(1艇のみ)で
    行います。

    ヨット試乗会というより、ヨット以外の海のスポーツ
    にも親しんでもらう会です。

  ★新入部員 歓迎コンパ
    6月17日(土)午後 獨協大学近くにて
  
  ★ヨット部OB総会
    6月17日(土) 獨協大学にて

  ★海とヨットに親しむ会 & 江の島バーベキュー
    8月26日(土) 江の島にて 9:00~16:00

以上です。

特に、4月9日と16日の試乗会は、ヨット部OBにも江の島で
楽しんでいただきたく、クルーザーをだしていただけるよう
10期横瀬さんにお願いしました。
ご参加いただけるOBは、OB会事務局にお知らせ下さい。